行き遅れババアの原作者チンジャオ娘は1作目の作品

行き遅れババアの原作者チンジャオ娘は1作目の作品「しょうた(40)とお姉ちゃんの夏休み」が爆発的に売れたことで注目されはじめた。

同人の絵を担当しているイラストレーターはエンガワ卓(ERONDON HEARTS)。



チンジャオ娘の同人がなぜ人気かというとエッチに興味なさ沿うな女の子があることをきっかけにエッチに目覚め、快楽に溺れていく様が人気のようです。「美人面犬の飼い方」みたいなエロくてグロい、ホラー要素が入った作品も配信されます。同人誌とは明治時代初期に同じ志を持った仲間同士が集まって、同人誌雑誌を制作していた。

同人誌イコールエッチなものやことではない。同人イコールエロいという方程式になってしまうかというと同人の中でエロが爆発的に人気があるからです。毎月1冊は同人誌を出して500部前後販売出来たら食うには困らないレベルのようです。
2020年三月にチンジャオ娘×小桜クマネコの作品『手塩にかけた娘』が発売されます。

手塩にかけ立とは室町時代の食膳に添えられた塩のこと。

汚れたものを祓うためにあったものだが、塩加減をアジャストするためにも使われた。
派生して自分で育てることを手塩にかけた、手塩にかけるという。
エンガワとチンジャオのエロ同人サキュバス喚んだら母が来た!?が2020年春に発売決定!3か月間オナニーを禁止したらある言葉を発するとサキュバスが現れる。ということを分かったタカシはオナ禁することにした。呼んだサキュバスは母親だった。



エンガワ卓はサキュバスよんだら母が来たの絵を描く。エンガワの絵の特徴はムチムチしてボインな女の子。



サキュバス呼んだらに登場するサキュバスはムチムチ。
チンジャオと一緒に作った作品は姉はヤンママ授乳中in実家などがある。サキュバスとはセックスを通じて男性をいざなうために女の形で夢に現れる超自然的存在である。男性型はインキュバスと言われている。

サキュバス喚んだら母が来たの登場人物を紹介。
森田タカシ。
男子学徒でいまだに童貞。
母親の裸を見て勃起すらしない。森田惠利、森田タカシの母。

女子力もない母親。エリリン、タカシの持とに現れたサキュバス。それはタカシの母親だった。サキュバス呼んだらを読みたいならbookliveコミックがおすすめ。
その訳は先に配信されるから。さらにブックライブコミックでは月額コースが初月無料に。小桜クマネコ。


ぽっちゃり女子のイラストを描いている。小食をと偽っているオフィスレディのイラストをこよなく愛している。チンジャオ娘との共同作品ガリガリ娘を拾ったらに出てきた女の子は当初ガリガリだったのだが、徐々に太っていき、最終的にぼっちゃりを通り越したデブになった。
いじめっこ女子と無人島に漂流したら ではむっちりの女子高生だった。