死亡交通事故の損害賠償請求

交通事故の被害者は、被った損害を金銭に換算して加害者に請求する権利が法律で認められています。これが損害賠償請求です。賠償請求できる内容は、その事故が原因で治療のためにかかった費用やクリニックなどへの交通費、車椅子などの代金、働けなくなったことで失った将来の収入、精神的な苦痛などです。このうち、実際に支払った費用は積極損害、この先の逸失所得などは消極損害、精神的な苦痛に対する賠償は慰謝料と言います。事故の種類という見方では、対物事故では積極損害だけが発生し、慰謝料などはありません。また死亡事故の場合は葬儀費用も積極損害に含まれ、慰謝料は亡くなった本人の分と遺族の分が損害賠償請求できます。交通事故で本人が死亡している場合の損害賠償請求は遺族が行いますが、相続人以外の親族や内縁関係にある人が請求することもできます。

交通事故の損害賠償における損益相殺

交通事故の被害者は加害者に損害賠償請求することが認められていますが、賠償金額は被害者の過失の割合によって減額されます。これを過失相殺と言います。また、過失相殺とは別に損益相殺という仕組みがあります。損益相殺というのは、被害者が既に受け取っている利益にあたる分を賠償金額から差し引くことです。例えば交通事故で傷害を受け、自賠責保険から補償金を受け取っていた場合には加害者から賠償を受ける時に自賠責の保険金を差し引くことになります。つまり、実際の損害額を上回って保険や加害者側からお金を受け取ることがないようにするための制度です。交通事故の損害賠償の際に控除されるものは、自賠責保険や政府の事業で補てんされたお金、所得補償保険の給付金、労災保険の給付金などです。一方、見舞金や死亡の場合の香典、生命保険や医療保険から給付された死亡や入院の給付金は交通事故の損害賠償の損益相殺の対象にはなりません。

交通事故の損害賠償と示談交渉

交通事故の被害者が、被った損害分の金銭を加害者サイドに請求するのが損害賠償請求です。賠償請求できる内容は医療費や病院への交通費、事故が原因で失う将来の収入、慰謝料などですが、いくら請求できるかについては当事者双方の話し合いで決定するのが一般的です。この話し合いを交通事故の示談交渉と言います。示談交渉で話がまとまらず、賠償金額が決まらなかった場合には裁判や調停の場に持ち込むことになります。示談交渉は事故の当事者同士の話し合いですが、最近の自動車任意保険のほとんどのプランに示談交渉を代行するサービスが付加されているので加害者側からは保険会社の示談担当者が話し合いに参加するケースがほとんどです。加害者が任意保険に未加入であれば、本人同士直接の示談交渉となります。示談交渉では、加害者の提示する損害賠償金額に被害者が納得できるかどうかがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*